飲まない人になりたい

お酒を減らしたい。 出来れば飲まない人になりたい。 その為にどうすれか良いかを考えていきます。

コンフェデレーションズカップ

 ブラジル vs 日本代表 0-3


完敗。それだけっす。
では書いてる意味ないのですけれど。 

前半開始早々のネイマールの目の覚めるようなゴラッソ。
ボレーも素晴らしかったが
その前の左からの早いクロスをスレッジが巧く胸で止めた所で勝負あり。

そっからはブラジルはDFの4人は最終ラインをしっかり固め、
後は前線の4人で攻撃を展開。

これが出来るのはブラジルの攻撃陣の個のスキルがしっかりしているので
後はイマジネーションを交えて2人なり3人と増やして攻撃するのみ。

日本は相手の前線に受け身になるばかりで
攻撃にシフトしようとしても人数が増えないためにセンターサークル付近で
ことごとく潰される。

しかしそれ以上にブラジルが守備に切り替わる際の
ボールへ対する寄せへの執着というか勢いが凄かった。
あんなに守備に頑張るのね。 ブラジルって。


後半も早々にパウリーニョが追加点。0-2
何故かこの選手、日本の時は点取りますな。
今日はペナ内でシュート決めたが
本当ならあんなポジションにはいるはず無いだろうに。 
そういう抜け目なさも世界との差。 

後はブラジルの思うツボ。
前田が交代で入ってきたけれど
それやったら最初から先発で使っておきゃよかったのに、と思うのと

やっぱり世界相手に戦うのであれば
本田のキープ力に永井の瞬発的なスピードを持ったFW が必要である事を痛感。
完全に究極のFW像ですが、これが居ないと勝てまへんで。


試合終盤にはカテナチオ  じゃなく完全に鳥かご状態。
守備一辺倒にさせられた疲労感からか追いかけれる体力も消耗されきってなすすべ無し。

最後に2対2の状況作られて裏を取られた完璧な崩され方から
日本の城 ではなくジョーに取られて 0-3


完膚なきまで叩きのめされ
ぐうの音も出ない完敗
です。

やっぱり選手もイラク戦の疲労はたぶん取れなかったんだと思うけど
もう予選突破は決まってたんだから大幅にメンバー変えて
スタメンはこの日に備えさせるべきだったんじゃなかったのでしょうか?


まあ仕方ないわ。
次の伊太利屋戦、こっちがカテナチオで戦ってやろーじゃないですかっ!
(先制点取らなきゃ意味ないけど)


はあ、外出してないから
今日は外出しますかね。

それでは良い日曜日を!