飲まない人になりたい

お酒を減らしたい。 出来れば飲まない人になりたい。 その為にどうすれか良いかを考えていきます。

フランスとドイツ

フランス vs ナイジェリア

結果こそ2-0とフランスの勝利でしたが
カメルーンも最後まで勝負はわからなかった。

両チームのGKの好セーブ連発(特にナイジェリアGK)もあって
試合が引き締まったものに。


後半残り10分ってところで
CKからのボールをGKが競り合いではじいたところにポグバがちょうどいて押し込み先制!

それまでクリーンなシュートをことごとくナイスセーブで凌いできたが
入るときはあっさりと入るものなんですね。

結局その後もショートコーナーからクロスでオウンゴールを誘う形となり
フランスの勝利

しかしフランスはよく走りますな。
ベンゼマも左右に開いて自由にボールをさばけるし
もしイングランドルーニーを一番前のポジションでこういう使い方で使えたならば
もう少し面白いサッカーができたのにねぇ・・・



続いて朝5時からの ドイツ vs アルジェリア
なかなかの好ゲームでした!

開始直後からアルジェリアのカウンターがことごとく効果的に続き
それを何とドイツDFが守る形に。

我がARSENALのメルテザッカー、高さはあるもののスピードに難ありなところがあり
相手もそこを突いてるのかどうなのかはわかりませんが
相手のポジショニングにドイツが上手く守られてそこからのカウンターが継続。
しかしドイツは最後の砦、ノイアーの絶妙なポジショニングで
DFの裏を完全に取ってくるアルジェリアの攻撃をクリアしていきます。

ドイツもまあまあ攻めてましたが前半は0-0のドロー。

後半、何となくかみ合っていないゲッツェに代わってシュールレを投入。

シュールレも今大会は途中からの出場ばかりですが
イマイチかみ合ってない感じ。

しかし右サイドに大きく張りっぱなしでポジショニングする事によって
だんだん同サイド、逆のサイドまでワイドな展開が見られるように。

時々アルジェリアの効果的なカウンターが炸裂するものの
ドイツの方がバイヤン的なサッカーを見せつけて支配。

後半終了間際に再三チャンスを作るも
FC琉球(らしい)のGKにことごとく弾かれてスコアレスドロー


ここでワタクシ会社に行かないとアカン為に泣く泣くテレビ終了(号泣)

会社着いてワンセグON!にしたら
シュールレが先制点、そして後半には我らがエジルの追加点!!!

今までシュートチャンスがありながら、この試合まではいつもアシストに拘ってた感があったエジル
嬉しい今大会初ゴール!
思わず声を上げてしまったわ。

最後の最後にアルジェリアも一矢報いるもタイムアップ。
アフリカ勢の底力を垣間見た試合でした。


次はフランス vs ドイツの好カード。
どちらかが負けてしまうのは大変勿体ない。

この試合、カウンターで相当苦しめられたジャーマニーですが
もし決勝まで進んだとして
この教訓をオランダ戦で生かすことができるだろうか?
(明らかにドイツ推しな〆ですな)


1時 & 5時起きもあと一日だけとなりました。 試合数が減っていくのは少し寂しいね。